KIDS LESSON
パン倶楽部 ぷう のキッズレッスン

キッズレッスンへの思い

今の子供たちは忙しすぎる親のもと、せかされて、その場に必要のないものはとかく排除されがちです。 子供たちはお料理のお手伝いをしたくてもできないのが現実です。 大人が作った方が台所もよごれないし短時間で作り終え、親にとっては都合がよいからです。

でも、子供たちは料理のお手伝いをすることで、親との共同の時間をもち、さらには、なにか一つでも褒められたら、やはり子供自身の自信につながっていくのではないかと思います。

我が家の3人の子供たちは2歳から包丁を使わせています。それぞれが分担でお料理をしてくれます。 上の子たちは火や包丁、下の子は皮をむいたり、混ぜたり、子供たちの中で役割分担され、しっかりと自分の仕事をこなしてます。

たとえば、人参一つでもそういえます。どんな形に切ろうか??何に使う人参なんだろう?子供たちの頭にはいろいろな想像像が浮び、上の子は下の子に指示しながら仕上がりの形にしていきます。
料理から学び取ることはたくさんあると思います。

一見、単に作る行為ですが、協調性、自主性、想像性、相手のやることを見守る信頼性。
そしてそれ以上に自分たちで料理を作ったという達成感。作り終えた子供たちの顔はキラキラと輝いて見えます。

料理は、子供との共有の時間、出来事、共有の感情。これらを一度に、しかも日常ですぐに実践できます。 今後、将来を担う多くの子供たちと料理を通して、できた!という喜びや自信、子供たちの素晴らしい能力を引き出していく場。
キッズキッチンとはそんな場所であると私は思います。